こんばんは! 
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。 

今回は・・・
★FPを駆使してアニマルキングダムのアトラクションを次々制覇!
DSC00925
+゚ ゚*。🎡⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒🎈。*゚+
2018年4月 ハネムーンWDW!
初海外の旦那と行く
完全個人手配のWDWレポート
+゚ ゚*。🎉⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒🎠。*゚+ 

<スポンサーリンク>
子どもたちが大号泣する恐怖のアトラクション!
パンドラを楽しんだ私たちが次に向かったアトラクションはこちら!😳
20170411-IMG_0587

なんとツリー・オブ・ライフの中は
アトラクションになっています!🌟

IMG_6200
キューラインではツリー・オブ・ライフの幹に近づける!
近付くと幹には様々な動物が彫り込まれているんです!☝️☀️
DSC00927

幹までたどり着くとメガネを渡されて
東京ディズランドのフィルハーマジックの待合室のように
待つことになります🙆
IMG_6152
ディズニー作品を虫バージョンにしたポスターがあって
1つずつ見ていくのが面白いのですが
待っている場所では蜂の飛ぶ音が聞こえてくるので
虫嫌いな方はここから厳しいかもしれません…🐝
20170411-IMG_0597

中に入るとシアタータイプの3Dメガネを掛けて楽しむアトラクションで
バグズライフのフリックや仲間たちが出てくるとっても愉快なショーです🐛🦋💕

ただし後半は・・・
バッタのホッパーが出てくると会場はパニック状態に😭💦😭💦😭💦
子どもたちは泣き叫ぶし、虫嫌いには辛いものでした😱

20170411-IMG_0599
大人は全体を通したら楽しめるかな!と言った内容ですが
お子さんには厳しいアトラクションだと思います🙇‍♀️💦
虫が嫌いな方は覚悟の上、挑戦してみてください!🙋🌟

有名コースター!エクスペディション・エベレストに挑戦!
次に向かったのはアニマルキングダムのアジアエリア!
IMG_6202
大人気コースター
エクスペディション・エベレストです!
DSC01034

FPを取っていたのであっという間の案内でしたが、
キューラインはイエティに関する展示が多く、
乗る前から恐怖心が煽られます…😱😱😱
DSC01037

私たちはコースターの一番うしろだったので
どんな動きをするのか見えない!💦
登っていくレールはかなり高いところまで行き
後ろ向きに落ちていくのはすごくスリリングでした!
もちろん写真も撮ってもらえます😆❤️
IMG_6194
コースター自体は短めですが、ドキドキ感はとってもありました!😭💦

この辺りは山の麓のキャンプのようになっていて
パークの中とは思えないほど本物っぽい世界が広がっているので
ゆっくり見て回るのも面白そう🙋💕
DSC01032
DSC01033
大人気のコースターなので朝一で向かうか、
FPを取っておくのがオススメです!☝️❤️



絶対にオススメ!キリマンジャロ・サファリ
最後にFPで向かったのはアフリカエリアで
広大な敷地を使っているアトラクション!
IMG_6203
絶対に乗りたかった
キリマンジャロ・サファリです!
IMG_6201

乗ってびっくり!
ベルトもない!窓ガラスもない!すごく揺れる!
DSC01043

広い敷地内をゆっくり動物を見ながら進みます💨
ディズニー感は全然ありませんが
見たことのない動物や動物園で見るような動物が
至近距離で見ることが出来ます!🦁
DSC01074
DSC01089
DSC01092

想像していたより近い!!
写真撮影タイムでちょこちょこ停止もしてくれるので
ゆっくり見ることが出来ます🙈🌟✨
DSC01072

大人も子どもも大満足のアトラクションですが、
次回に向けて活かしたい2つのポイントはこちら!💪
★時間が読めない!
動物が道を横切ったりすると止まって待つので
時間がかかるというクチコミを読み、
後ろに予定がない状態で乗りました!🏃💨
私たちの時はスムーズに動き、乗り場からの所要時間は25分ほどでした😆

★やっぱり午前がオススメ!
私たちは午後乗りましたが、
クチコミ通り、お昼寝中の動物も多かったです😊
更にFPを使っても外の待ち時間が長く、
午後の暑さがかなりきつかったのでおすすめは絶対に午前中です!🙋🌈


ダイノランドUSAには行っていませんが、
恐竜恐怖症?ってくらい恐竜が苦手なのでスルーしました🦄
朝からグリーティングとアトラクションを楽しんだので
休憩がてら次のホテルのチェックインに向かいます!🏃💨
次は憧れのデラックスホテル・・・!✨✨

ーーーーーーーーーーーーーーー
以上、FPを駆使してアニマルキングダムのアトラクションを次々制覇!でした!

次回は
★アニマルキングダムでもスタバを制覇!ビーチクラブに移動します!

本日もここまで読んでいただきありがとうございます。
次回もお楽しみに!