ハネムーンWDW

【ハネムーンWDW】番外編!旦那の旅行記2日目

ハネムーンWDW

こんばんは! 
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。 

前回の番外編に続き、旦那が2日目を振り返ります🙆☀️
番外編!旦那の旅行記2日目

初海外旅行二日目です。
一日目はこちら👉 番外編!旦那の旅行記1日目
国際線での移動中に睡眠時間を調整したこともあり、初日は時差ボケもなく良く眠れました。
アメリカは乾燥しているイメージでしたが、夜もそこそこの気温と湿度で快適でした。
※オーランドは5月~10月が多湿で、それ以外は降水が少なく乾燥した気候とのこと
二日目は朝からマジックキングダムに向かい、ウェルカムショーを見る予定です。
乗りたいアトラクションも多いわけではないので、めぐが立てたショーの計画に従って動くことにしました。
今回は時系列でレポートします。
スポンサーリンク

Magic Kingdom

ホテル出発 

IMG_5551
まずはバスに乗りマジックキングダムへ。
バス停に向かったところ、どうやら私たちはシカゴ時間から変えるのを忘れており、
現地時間ではもうウェルカムショーが始まる頃だったことが発覚。
詳細はこちら 
日本国内にいると時差を意識することはないので、私はまったく意識できていませんでした。
(地図で見ても札幌大阪くらいの経度の違いに見えるのに・・・)
携帯電話も国際ローミングを使用せずにWi-Fiのみとしていたため、
時刻設定は手動で現在地を選択する必要があります。
事前知識は大事ですね。

マジックキングダム入園

私にとっては初めての海外パークです。
日本のパークには何度となく行ったことがあるものの、
ここでは初めてディズニーランドに行った時のような高揚感を覚えました。
IMG_5556
バスを降りて入り口に向かうと、なんとなく見慣れたような雰囲気。
ゲートから向こうに見える雰囲気は舞浜に似た感じがして、少しほっとしました。

保安検査

舞浜でも手荷物検査はあるものの、バッグをちらっと見る程度ですが、
WDWの手荷物検査はかなり厳重で、
バッグのサイドポケットなどの全ての収納領域を確認し、
バッグ内のポーチも外から触ったりチャックを開けて確認したりと、
空港よりも厳重な感じがしました。

IMG_5553

ポーチだけでなく、ぬいぐるみなど中に何かを隠せるようなものは握って確認されます。
体格のいい厳つい警備員が、ぬいぐるみを手にとって確認しているのは不思議な光景でした。

散策

時差問題で遅れたこともあり、パーク内は割と人が少なく感じました。
メインストリートUSAを抜けると、正面には城が見えます。
右手側にはトゥモローランド、左側にはアドベンチャーランドと、
舞浜とよく似た配置でした(舞浜が似ていると言うべきか)。
「引越しすると家に帰れなくなる」という稀代の方向音痴の私でも、
なんとなくで方向が把握できるくらいでした。
ただ、めぐはアナハイムに似ていると言っていたのでどこも似た雰囲気なんですね。

Casey’s Corner

朝食は野球がテーマのレストランでホットドッグ。
キャストさんが野球のユニフォームを着ていたり、昔の野球の写真、
スコアボードやボールなどの展示物が沢山飾ってあって、
野球好きとしてはたまらない雰囲気です。

IMG_5590

ワールド全体に言える事ですが、オールドアメリカンな雰囲気のお店が多く、
凝った内装や展示物を見ているだけでも楽しめます。
ディズニーランド内ではあるけれど、
それぞれが異なる時代感やテーマを持っていて不思議な感覚になります。
さてホットドッグですが、割とあっさりとしていて朝食でも重くはないです。
日本ではあまり食べることのないビーフソーセージですが、少し牛肉独特の臭みがあります。
トッピングが自由なため、オニオンスライスやピクルスと合わせると食べやすいと思います。

IMG_5594

今回はフットロングを注文しましたが、大きさの割には安く、二人で食べると丁度良い量。
プラスチックのナイフでも簡単に切れるくらいパンもソーセージも柔らかいので、
大きくても食べやすいです。
「ホットドッグと野球」というアメリカンな雰囲気が楽しめました。
スポンサーリンク

Hollywood Studios

ハリウッドスタジオへ

IMG_5655
雨天により予定が変わってしまいましたが、午後からはハリウッドスタジオへ。
こちらは舞浜にはない、60’s~80’sくらい?の少し昔のアメリカの雰囲気です。
IMG_5667
他に比べて敷地が狭いのと、沢山のテーマが詰まった感じで歩いて周るだけでも楽しめます。
アトラクションも多くはないので、一日でも余裕を持って回れるくらいだと思います。

Sci-Fi Dine In Theater Restaurant

今回の旅行で予約していたレストランの中で、一番楽しみにしていたかもしれないのがここ。
めぐの記事の中でも触れられていましたが、
パルプ・フィクションで出てきたような車のレストランです。
この日の夕食として事前に予約していました。

20170411-IMG_0393

私は子どもの頃にパルプ・フィクションを見て、
ユマ・サーマンとジョン・トラボルタがツイストを踊っていたシーンで
「これがアメリカか・・・」と思っていました。
実際には50年代をテーマにしたレストランであり、
当時からしても古い、昔のドライブインシアターをモデルにしたレストランであったようですが。
 
映画では店内の中央にダンスエリアがあり、座席も対面型でしたが、
実際には車の座席のように横並びで座ります。
沢山の車がスクリーンに向かって停車しているような配置
20170411-IMG_0413
正面のスクリーンには白黒のB級映画の予告編のようなものが流れ続けています。
ゾンビが出てきたりUFOが出てきたり、B級感がたまりません。
実際には存在しないパロディムービーだと思いますが、見ていて飽きませんでした。
 
メニューはハンバーガーやステーキなど、アメリカンな様相。
“ブルーチーズ入り”のハンバーガーに惹かれたため、めぐとは別々のハンバーガーを注文しました。

20170411-IMG_0402

ベースのバーガーは質が高く、初日にフードコートで食べたハンバーガーよりも高級感がありました(実際値段も高かったですが)。
このバーガーにはブルーチーズが入っているのですが、このブルーチーズが旨い。
日本では(私は)ブルーチーズ入りというのは見たことがなかったので、
実際に食べるまでは味が想像できませんでした。
肉とは合わないことはないでしょうが、メインメニューとしてはクセが強いのではないか?と。
 
実際にはそこまで香りの強くないブルーチーズであり、
脂の多いビーフパティと合わせてもさっぱりとして食べやすかったです。
苦手な方もいると思いますが、ブルーチーズが平気な方にはオススメです。
今回の旅行内ではベストバーガーでした。
スポンサーリンク

夜の部 -再度Magic Kingdomへ-

7人の小人のマイントレイン

夕食を済ませた後、夜のショーを観るためにマジックキングダムへ戻ることに。
そこで雨のためキャンセルとなっていたマイントレインに乗ることにしました。
七人の小人がテーマだし、子供向けのライドかなと思っていましたが、速度も傾斜もなかなかです。
舞浜のビッグサンダーマウンテンをベースに、
スプラッシュマウンテンのような傾斜もあるような感じ。
まさにジェットコースターという感じで楽しめました。オススメ。

IMG_5824

メモリーメーカーでもらえるムービーは結構シュール。
謎のスローモーションでちょっと笑えます。

Happily Ever After

マジックキングダムの夜のショーであり、
シンデレラ城にプロジェクションマッピングで映像が投影されます。

FullSizeRender

舞浜によくいかれる方ならワンス・アポン・ア・タイムを見たことがあると思いますが、
ワンスよりも使用されている作品の幅が広い感じがしました。
懐かしい映画から割りと最近の映画まで、
どの世代でも楽しめるようになっているのかな、と思います。

FullSizeRender

花火もかなり派手です。
単純に数も凄いですし、尺玉のサイズもそこそこ大きく、ラストに向けてはとても盛り上がります。
 
曲もとてもよかったのでCDを探しましたが、パーク内では見つけられず。
ただ最近iTunesで購入できることを確認しました。買います。
スポンサーリンク

二日目総括 

初海外で丸一日過ごしましたが、思ったより困ることもなく過ごせました。

言語問題

バス、入園時の荷物検査、レストランの説明など、英語での説明を聞く機会が多いです。
ただし難しい内容ではなく、事前にシステムを確認しておけば問題ないと思います。
注文時だけ、カタカナ英語でなく恥ずかしがらずに発音すること。
うまく伝わらなければメニューを指差しながらで大丈夫です。

食事

ソーセージやパティなど、ビーフがメインで少しクセがあります。
牛肉が苦手という方は事前にメニューを確認しておく、
利用するお店を考えるなど、対策が必要かもしれません。
個人的には色々美味しくいただきました。
ブルーチーズのバーガーは日本でももっと流行って欲しいです。
※横浜や六本木にはあるようなので、機会があれば行きたいです

この日はウエディングのイヤーハットをしていたため、
キャストさんや他のゲストさんに声をかけてもらうことが多かったです。
日本ではなかなか他のゲストに話しかけられることはないのでビックリしましたが、
祝福されるのは嬉しいことです。
人生で最も「Thank you」と言った日になりました。
この日以外にも沢山の人に話しかけられましたが、
明るい感じのフレンドリーな人が多く、楽しく過ごせました。
スポンサーリンク

まとめ

以上、番外編!旦那の旅行記2日目でした!
 

※これまでの記事はこちら!

★ハネムーンWDW旅行記 目次
2018年04月09日(月)~04月15日(日) ハネムーン ウォルト・ディズニー・ワールド 初海外の旦那と行く完全個人手配のWDWレポートです!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました