旅行準備

【旅行準備】予約前に知っておきたい!LCCとレガシーキャリアの違い!

旅行準備

こんにちは🤗☀️
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今回は…
予約前に知っておきたい!LCCとレガシーキャリアの違い!

個人手配で旅行に行く際、まず航空券を調べますが
色々な航空会社があって迷ってしまいますよね😭💦  

ツアーも航空会社によって値段が違ったり、
個人手配だとどの航空会社を選べばいいか 旅行において飛行機は悩むポイントだと思います!✈️✨

行先や航空会社によってサービス・値段・評判なども違うので
旅行に合わせて快適にお得に選びたいものですよね🌸

スポンサーリンク

まずは基本を解説!LCCとレガシーキャリアってなに?

航空会社は日本だとJAL・ANAが有名ですが、
最近ではJetstar・Airasia・PeachなどLCCと呼ばれる航空会社もよく聞きますね☝️🌟

「LCCは安い!」っていうことは知っているけど・・・
そもそもLCCって何?ANAやJALとは違うの?

これから「LCC」と「レガシー」という言葉が沢山出てくるので簡単に紹介します!😊💗

LCC とは?

LCCとはロー・コスト・キャリアの頭文字を取ったもの🙆💕
設備や無料のサービスを削減して効率よく運営することで 航空券を低価格で販売している格安航空会社です✈️

日本発着の主な航空会社は・・・
国内線も国際線も多いJetstar、Peach、Air Asia、Spring Japanや
国際線も含めると済州航空、ジンエアー、スクート、タイガーエア、HK Expressなど 
アジアを中心にどんどん広がっています☺️✨ 

レガシーキャリア とは?

レガシーキャリアはLCCができる前からあるANAやJALのような既存の航空会社です。

日本発着の主な航空会社は・・・
国内線ではANA、JAL、スカイマーク、エアドゥなど🐹🌈

飛行機といえば!と思い浮かべる航空会社で LCCよりも馴染みのある航空会社かと思います😍

2つの一番わかりやすい違いは・・・

LCCとレガシーキャリアの一番わかりやすい違いは航空券の価格です!  

例えば東京から上海・香港に行く航空券を比較してみると

  • 東京ー上海 LCC 8,161円
  • 東京ー上海 ANA 22,510円
  • 東京ー香港  LCC 9,430円
  • 東京ー香港  ANA 25,070円

など・・・🤔
どの路線も10000円前後違います!この差は大きいですよね!

こんなに安いならLCCでいい!と思いますが、LCCで出ている料金は『航空券のみ』の値段です!
レガシーキャリアでは航空券の料金に含まれているものが、
LCCではオプションとして別途料金がかかるんです👍

スポンサーリンク

価格だけじゃない!有料オプション・手数料の有無が違う!

LCCで別途料金になるのは主にこの辺!

受託手荷物

LCCでは空港カウンターで荷物を預けるのにお金がかかります!
航空会社によって料金は異なりますが、結構高いです!

252

LCCの公式HPには受託手荷物の詳しい説明があるので、必ず確認をオススメします!☺️✨

レガシーキャリアでも大きさなどの規定はありますが、
基本的には受託手荷物の別途料金はなしです☝️

※航空会社や国内線、国際線により異なるので公式HPを要チェック!✈️

座席指定

LCCでは座席指定にも別途料金がかかります!

航空会社側で割り振ってもらってOKなら料金はかかりません。
航空会社や席の場所などによって値段は様々ですが1席500~1500円くらい🙇‍♀️  

IMG_9421

こちらもレガシーの場合は料金に含まれているので別途料金はなしです👌
(最近は席によって別途料金がかかるレガシーキャリアもあります)

機内サービス

レガシーキャリアの機内サービスでは無料ドリンクを頂くことができますが、
LCCではドリンクは有料で購入になります☝️  

ブランケットも同様にレガシーキャリアでは無料でレンタルできますが
LCCでは有料のレンタル、又は購入になります😳🌟


荷物・座席・機内サービスだけではありません!
他にも航空券と別途料金になるポイントがあります🙆✨

予約の手数料・支払手数料

  LCCはウェブサイトから自分で予約するのが基本になるので
予約センターや空港のカウンターから予約すると手数料が発生します🔥

他にもLCCではクレジットカード決済やコンビニ決済などが可能ですが
支払い方法毎に支払手数料も別途発生します👻✨

航空会社により異なりますが、1区間500~800円くらいかかります。

一方でレガシーはウェブサイト・予約センター・カウンターなどで購入しても
手数料が別途発生することはありませんし、支払手数料が別途発生することがありません👍💓
※LCCもレガシーもキャンセルや変更手数料は規定通りかかります。

1つ1つはそんなに高いわけじゃないけど、
色々付けると結構値段が上がってしまうので注意!👍

スポンサーリンク

LCCの機体は小さい?座席はどんなかんじ?

ここまで値段の特徴をご紹介しましたが、
それ以外にもLCCと言えば狭いというイメージがありますよね!

276

行先や航空会社によって機体は異なりますが 確かにレガシーキャリアに比べて小さな機体が多く
1人当たりの座席もコンパクトだったりします😆

座席はどんな感じなのか見てみましょう!

座席の広さ! 

何度かレポートの中でも紹介していますが
座席の幅は女性の私達は気にならないけど、男性だと狭いと感じると思います。 

↑上がレガシー、下がLCCです!比較すると違いますね☺️ 

LCCでは足元が広い席や窓側の席など 
通常の座席より高い値段で販売しています😊💓 

席の広さが気になる方は追加料金で広い席を選ぶと快適ですね!🌼 

座席モニター

レガシーキャリアの国際線は座席1つ1つにテレビやオーディオが付いていますが・・・

IMG_4504

LCCはモニターは基本的に付いていません!

274


暇だなぁと思うときもありますが、 深夜便で目的地までひたすら寝て行きたいときだったり、
昼間のフライトでも好きなことをする時間に使えると思えば 、 
意外と機内サービスがないことも快適に思えますよ!👍☀️ 

スポンサーリンク

まとめ

以上、予約前に知っておきたい!LCCとレガシーキャリアの違いでした。

LCCは徹底的なコストカットによって低価格を実現してます🙏🌈
どれくらいオプションを追加するかで値段も全然変わります!
受託手荷物はないし、席もどこでもいい、機内サービスも不要!
という方はかなり安くできると思います👍🌟

逆に荷物を預けて良い席を指定したい!
飲み物とブランケットも必要!という場合は レガシーキャリアの方が楽かもしれません!😊🎀

※他の旅行術はこちら!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました