クリスマスHKDL

【クリスマスHKDL】冬の香港ディズニー2泊3日の機内持ち込みパッキングを公開!香港旅行の必需品は?

クリスマスHKDL
スポンサーリンク

こんにちは!
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

今回は・・・
冬の香港ディズニー2泊3日の機内持ち込みパッキングを公開!香港旅行の必需品は?

前回は予約項目を紹介しました。
2泊3日香港ディズニー予約3項目!航空券・ディズニー&空港周辺ホテル格安予約・Klookのアナ雪エリアアーリー付きチケット購入方法を紹介!

主な予約項目は航空券・ホテル・パークチケットの3つ!
いずれも日本語で予約できるので安心ですね。
今回はいつもと違って空港近くのホテルに泊まってみましたが、シャトルバスもあってとっても便利!しかもお値段も安い!
エクスプローラーズロッジもお得なお値段のプランがありました。
海外のホテルは時々こういったセールがあるので見逃せなですよね!

パークチケットはklook限定でアーリーエントリー付きを利用しました。
アーリーめちゃくちゃ空いていて最高だったので絶対これは買った方がいいです。
普通にチケットとアーリーエントリーを別で買うよりもお得でした。

今回は2泊3日でも機内持ち込みで行く最小限パッキングを紹介します!

スポンサーリンク

香港航空で行く2泊3日旅行!

今回の香港旅行はこ2泊3日ですがパークに行けるのは1日だけ・・・!

1日目14:25-20:35 新千歳空港 → 香港国際空港
        空港付近のホテルに1泊
2日目        香港ディズニーランドで遊ぶ
        ホテルに1泊
3日目8:40~14:25 香港国際空港 → 新千歳空港

というのも、行きたい時期に航空券が高騰+売り切れ続出で東京発の香港エクスプレス深夜便が取れず
ホテルまで予約していたクリスマス旅行を一度諦めていたんです。
1日しかパークに行けなくてもなんとかアナ雪エリアとクリスマスのパークを体験しに行きたい!!と思い、
私たちが住んでいる北海道の新千歳空港から香港航空の直行便で行くことにしました!

新千歳直行便だと1日目と3日目が移動日となってしまうため、パークに行けるのは2日目のみとなります。
ということで、今回はパークには入れるのは1日だけだけど荷物は2泊3日分のパッキングです!

香港航空の荷物注意点

今回利用した香港航空はFSC(フルサービスキャリア)ですが、航空券の種類によってLCCのように受託手荷物や機内持ち込みの制限がありました。

受託手荷物

受託手荷物はエコノミークラスでも運賃毎に以下の4種類に分かれています。

  • スタンダードエコノミークラス 30kg(お一人様あたり最大2個まで)
  • FlexiPlusエコノミークラス 30kg(お一人様あたり最大2個まで)
  • Mainエコノミークラス 20kg(お一人様あたり最大2個*まで)
  • Basicエコノミークラス 0kg

今回予約したTrip.comの航空券は受託手荷物0kgの運賃でした。

https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/fly-with-us/baggage/checkedbaggage

機内持ち込み

次にエコノミークラスの機内持ち込みは機内手荷物1個と身の回り品1個を含む2個、重量は7キロまで持ち込み可能です。
規定を超える荷物は預入れ荷物となります。

https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/fly-with-us/baggage/handcarry

また、国際線では100mlを超える液体を機内に持ち込むことができないので荷物を工夫する必要があります。

今回の航空券の購入はこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

2泊3日の機内持ち込みパッキング

前回ハロウィンHKDLでは1泊4日でトートバッグ1つで行けたので、
2泊3日の今回もトートバッグ1つの機内持ち込みで行ってきました!スーツケースはいらない!

パスポートケース・財布

絶対に忘れられないお財布とパスポート!
海外用の財布、パスポートケースにはパークチケットのバウチャーやペン、プライオリティパスを入れていきました。

着替え

日数分の着替えと下着とパジャマ
宿泊したディズニーエクスプローラーズロッジにはバスローブがありますが、パジャマは持参!
バスローブなどがないホテルにも宿泊したのでパジャマを持って行って正解でした。

今回から圧縮できるトラベルポーチを採用しましたが、冬のボリュームのある服もペタリと圧縮できて使い勝手が良かったです!

すぐに取り出せるポーチ

すぐに取り出せるポーチにはパークや機内でも使うものを入れます。

除菌・モバイルバッテリー・充電器・ティッシュ、常備薬・汗拭きシート・ハンディファンを入れました!

コスメ・液体物

次にコスメと液体物です。

コンタクトケースの片方にファンデーションを入れて、もう片方にはラップで小分けにした下地・コンシーラー・アイシャドウプライマーを入れました。
パウダー・アイシャドウ・ハイライト・アイブロウパレットも小さめのもの、チークもチューブのミニサイズ!
ファンデーションのスポンジは使い捨てのものを持っていきました。

お風呂グッズは今回も使い捨てを最大限に活用!!
シャンプー、トリートメント、ヘアオイル、洗顔、クレンジング、スキンケア、コンタクト、歯ブラシ、日焼け止めは全て使い捨て出来るものを持っていきました。

その他ヘアアイロン・コテ・ブラシ、香港のBFタイプのプラグ、カメラを持っていきました。

荷物はたったのこれだけ!

これでパッキングは終了!荷物はこんな感じになりました!

荷物はバッグ一つ!カメラがあるので2人とも5キロちょっとの重量でした。
今回の香港航空の航空券は受託手荷物0kg、機内持ち込みは7キロまででしたが問題なしです!LCCも行けますね!

スポンサーリンク

香港ディズニー必需品はこれ!

2023年は春の弾丸、秋の1泊4日、冬の2泊3日と香港ディズニーランドに行きましたが
香港ディズニーランドを旅行するのに持っていくべき必需品はこちら!

香港のBFタイプのプラグ

香港のプラグは日本のプラグとは形状が違って刺せないのでBFタイプのプラグが必須です!

ディズニーホテルには1つだけBFタイプのプラグが付いていたりしますが、1つでは足りないので持参しましょう!

真夏の対策グッズ

香港は年中気温も湿度も高くて暑い!!
9月末に行った時は体感38度の気温でしたし、11月末もお天気の良い日で30度近くありました!
服装はもちろんのこと、真夏並みの対策グッズが必須です!

11月末なので冬服のキャラと写真を撮っても変にならないよう秋冬っぽく見えるけど限りなく薄い生地の服装にしました。
そして灼熱の香港対策として日焼け止め、汗拭きシート、ハンディファンは必須!シャツシャワーもミニボトルに詰め替えて持っていきました。
外でショーやパレードを待つなら日傘もあった方がいいかもしれないです。

虫よけスプレー

香港ディズニーランドにはいつでも蚊がいます。
アトラクションやショー、パートとホテル間のバスを待っているときなどにいつの間にか刺される!!
自然溢れる場所にあるので蚊は避けられません!

虫除けスプレーは必須!心配な方は虫に刺された時に塗るクリームなども持っていくといいかも!

スポンサーリンク

まとめ

今回は香港ディズニー2泊3日のパッキングを紹介しました。
予約した香港航空の航空券は受託手荷物0kg、機内持ち込みは7キロまででしたが
いつも通り使い捨てや詰め替え、共有できるものは共有してLCCも行けちゃうパッキングだったので余裕!
行きの重量は一眼レフを入れても5キロほどでしたが、帰りもお土産は自分用のカチューシャと会社へのお土産程度だったので全然問題なかったです!
2泊3日の海外旅行もトートバッグ1つで身軽に行けるならかなり楽ちんですよね。
これから香港ディズニーランドに行く方の参考になると嬉しいです。

これまでの記事はこちら!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました