クルーズ・WDW

【DCL&WDW】DCL&WDWの計画・予約①個人手配のメリット・デメリット

クルーズ・WDW
おはようございます☀

今回からDCL&WDW編を始めます! 
DCL&WDWの計画・予約①個人手配のメリット・デメリット

スポンサーリンク

ディズニー・クルーズ・ラインとは?

ウォルト・ディズニー社が所有する

4隻の船による豪華クルーズ ⛴✨

現在はマジック号、ワンダー号、
ドリーム号、ファンタジー号が運航☝️ 

バハマにあるキャスタウェイ・ケイに寄港する航路や
アラスカクルーズ、地中海クルーズなどがあります。


今回はDCL定番のドリーム号で行く
バハマ3泊のショートクルーズに乗船!😍💗


こんな豪華な場所や👑
image          

 こんなすてきなロケーションで

グリーティングができるんですよ!

20170507-DSC_6938

 

せっかく近くにあるんだもの
WDWにも行こう!ということで…

GWを利用して5月3~10日の6泊8日で行ってきました🤗✨
スポンサーリンク

圧倒的に安い!個人手配がおすすめのワケ

初めてのDCL、初めてのWDWなので

パッケージツアーか個人手配にするのか悩みました。

旅行代理店でパッケージを組んでもらうと

約40万円!!
プランを組み替えるとさらに料金増!! 
しかも、クルーズ船の出港日が
5月5日と決まっているため

ツアーで組むと
5月4~11日のプランしかない!!

※私のGWのお休みは5月3~10日でした

これは自力で行くしかない…ということで、 

自分でイチからプランを作れる個人手配に決定しました 。

PAK85_pinktecyoutohusen_TP_V

 

クルーズ個人手配のメリットは…

・好きなように旅行をカスタマイズできる
・航空会社の選択や座席指定ができる 
・好きなホテルに泊まれる
・何よりもツアーに比べると安い!

クルーズ個人手配のデメリットは…

・クルーズのオンラインチェックインは全て英語

・アメリカ国内での乗り継ぎ

・とにかく予約項目が多い!!
※オーランド空港は日本からの直行便がないため乗り継ぎが必要。
ツアーだと日本語ガイドによる乗り継ぎ案内が含まれている場合が多いです。
旅行初心者やハネムーンなど大切な旅行の場合はツアーで取ることをオススメします。

 

しかし!自分で手配すれば値段は全然違います!
個人手配ではなんと…
28万円でした! 
12万円も安くなった!!!GWでこれは安いですよね! 

 

いつか行きたいけど値段高そうだし  
英語が話せないから無理かも…😥 と思っている人が多いはず。
そんなことありません!
個人手配すればツアーよりも断然安く行けます!
私自身、英語を全く話せませんが何も問題ありませんでした!

 

スポンサーリンク

今回のスケジュールはこちらに決定!

お休みを最大限に楽しむ!!を
モットーに生きているので

今回も予定を詰め込みまくりました!!

通常ツアーではクルーズ3泊後にWDWに向かうのが一般的です。
休みの関係でWDWでクルーズを挟むという変わったプランを組みました! 

5月3日(水) ・17:10 成田空港出発

・14:55 シカゴ空港着

 乗り継ぎ2時間55分

・17:50 シカゴ空港出発

・21:35 オーランド空港到着

・アートオブアニメーションに1泊 
5月4日(木) ・WDW

 エプコット

 マジックキングダム

・アートオブアニメーションに宿泊       
5月5日(金) ・DCL出港
5月6日(土) ・DCL(ナッソー寄港)
5月7日(日) ・DCL(キャスターウェイ・ケイ)
5月8日(月) ・DCL下船

・WDW

 アニマルキングダム

 ハリウッドスタジオ

・オールスタースポーツに1泊
5月9日(火)

 

5月10日(水)

・6:20 オーランド空港出発

・7:59 ヒューストン空港着

 乗り継ぎ3時間31分

・11:30 ヒューストン空港出発

 日付変更線をまたぐ

・15:20 成田空港着

 時差の関係で+1日

 

今回予約する必要がある項目は
クルーズ船、航空券、ホテル、シャトルバス、パークチケット等々…
さらに!英語サイトでのクルーズ船オンラインチェックインなどもあります。  

 

以下の予約をしたので解説していきます!
①航空券
②クルーズ船
③ホテル
④空港⇆ホテル間のマジカルエクスプレス
⑤空港・ホテル⇆港間のシャトルバス
⑥マジックバンドのカスタマイズ
⑦ファストパスとレストランの予約
⑧ホテルのオンラインチェックイン
⑨クルーズのオンラインチェックイン
⑩Wi-Fiレンタルとネット環境
⑪ESTAの申請
⑫海外旅行保険
⑬外貨両替

 


以上、個人手配のメリット・デメリットについてでした。

 

※これまでの記事はこちら!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました