ハネムーンWDW

【ハネムーンWDW】番外編!旦那のWDW旅行記3日目

ハネムーンWDW

こんにちは! 
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。 

今回は・・・
番外編!旦那のWDW旅行記3日目

仕事やら家庭の事情やらで更新が遅れてしまいました。
やっと余裕が出てきたので、当時を思い出しながらになりますが、続きです。
日本を離れて三日目となりました。
二日目はこちら
二日目は雨の影響もあり、のんびりと過ごしたため体力も温存できています。
三日目は朝からアニマルキングダムへ向かい、
狙いのアトラクションを制覇してハリウッドスタジオへ移動というハードスケジュール。
朝の早い時間から出発です。

アニマルキングダム

マジックキングダムのような「THE・ディズニー」というパークとは異なり、
入園してから暫くは公園のような道を進みます。
IMG_5949
パークのど真ん中にはツリー・オブ・ライフという巨大樹があります。
想像していたよりも大きく、かなり印象的でした。
アニマルキングダムはとても広いですが、道も広くて分岐が少なく、方向音痴でも安心でした。
アトラクションの数も多くないので、のんびりと歩くのもよいかも。

料理・タスカーハウス

遅い朝食としてタスカーハウスへ。
ここは昼・夜に行くとアフリカ料理メインですが、朝はアメリカ料理中心のブッフェスタイルです。
 
私は癖のある料理が好きなので色々なアフリカ料理も食べてみたかったですが、
時間の都合などもあり朝に行くことに。
20170412-IMG_0677
料理はフルーツソースのお肉や、豆のサラダなど、若干のアフリカ感があるものも。
ただ朝だったからか、他のレストランでもあるようなアメリカ料理が中心でした。
苦手な人には少し癖があるかなとも思いましたが、アフリカ感を求めるならば物足りない感じです。
次回は昼か夜に行ってみたいと思いました。
IMG_6060
室内の照明は少なめで自然光を取り入れるような造りになっていました。
キャラクターともたくさんグリーティングできますが、快晴の午前中でもかなり暗いです。
写真を撮る方は注意。

アトラクション・アバター

今回のWDW旅行の中でもかなり楽しみにしていたアトラクション。
世界でもここにしかなく、大人気のようです。
旅行直前にも二人で映画を見直してイメージトレーニングをしてきました。
トルーク・マクトになる準備はできています。
20180412-DSC01006
乗り場に向かうと、周囲のエリアがアバターの舞台であるパンドラのようになっていきます。
植物もあの世界のような、地球上にはないデザインに変わっていました。
20180412-DSC01011
パンドラエリアの中心には「ハレルヤ・マウンテン」を模した岩があります。
ツリー・オブ・ライフも凄かったですが、これが一番感動しました。
本当にアバターの世界のようです。
20170412-IMG_0700
中に入ると、自分のアバターとリンクしてバンシーに乗ります。
バイクのような形状で、背中と腹部を挟むようして後方から抑えられるように固定されます。
私は結構乗り物酔いするタイプなので、この固定と3Dで若干酔いました。
乗り物酔いしやすい人は食後すぐに乗るのは避けたほうがよいかも。

バンシーが呼吸している

ぜひ実際に乗って体験してみて頂きたいのですが、バンシーの呼吸が感じられる仕掛けがあります。
これにすごく感動しました。

浮遊感

まるで本当に飛んでいるかのような浮遊感です。
男性だとタワーオブテラーのようなフォール系が苦手な方が多いですが、浮遊感の頻度が多めですので注意です。
映像と相まってバンシーに乗っている感覚が味わえました。

映像が凄い

アバターの映画の世界観が好きな方は楽しめる映像になっています。
崖などから落下するだけでなく、森の中を飛んだり、
洞窟の中を飛んだりと、パンドラの景色に感動します。

20180412-DSC01017

今回のWDWで一番印象に残ったアトラクションです。
映画を見てから行くことをオススメします。

アトラクション・Its Tough to be a bug

バグズ・ライフのキャラクターたちが現れる、シアタータイプのアトラクション。
アナハイムにもあったようですが、Bug’s Land改修で終了し、現在はWDWのみとのことです。
20170411-IMG_0597
このアトラクションはアニマルキングダムの中心にあるツリー・オブ・ライフの内部にあり、
乗り場までの道のりも楽しかったです。
 
アトラクションは映像・音・体感系の仕掛けという、
舞浜にあったミクロアドベンチャーを思い起こさせる内容。
体感系の仕掛けがなかなか強めで、子どもだけでなく大人も結構驚いていました。
「Oh my god」って本当に皆言うんだなーと思いました。
最後の仕掛けは皆リアクションがよくて面白いのでおすすめです。
セリフは全編英語です。割と聞き取りやすいですが、内容は理解しなくても楽しめると思います。

アトラクション・エクスペディションエベレスト

DSC01034
舞浜にはないタイプの、そこそこ激しいコースターです。
後ろ向きに動くと言うのが売りのアトラクションですが、それ以外のコースも速度や角度があります。
コースはやや短めですが、FPをとって乗る価値はあると思います。

アトラクション・キリマンジャロサファリ

サファリパークのように車に乗って動物を見て周るアトラクションです。
DSC01072
地方の動物園程度のものを想像していましたが、地図の通りかなりの広さがあります。
動物たちも距離が近く、また日本ではあまり見られない動物も多いので、楽しめました。
 
キャラクターなどのディズニー要素は皆無ですが、
「アフリカに行ったことがある」という人でない限りは乗るべきです。
乗っている間は「自分たちは一体どこの国にいるんだ?」という気分になれます。
スポンサーリンク

夕方からハリウッドスタジオへ!

この日は食事・夜のショーを観るために、夕方からはハリウッドスタジオに移動しました。
夕食はハリウッド&バインへ。
キャラクーダイニングについてはめぐが詳しくレポートしています。
【ハネムーンWDW】豪華!キャラクターダイニングHollywood&Vineでディナー!

アトラクション・ロックンローラーコースター

エアロスミスのメンバーが登場するコースタータイプのアトラクションです。
20180412-DSC01149
キューラインからエアロスミスの楽曲が流れていました。
私は彼らの楽曲をほとんど知らないのですが、Walk This Wayが流れてたような気がします(記憶が曖昧)

今回WDWで乗ったものの中で一番激しかったと思います。
出だしから急加速し、回転やカーブでかかるGも強いです。
徐々に上ってから落ちるというような恐怖感はなく、
とにかく勢いで走りぬけるようなコースターで、爽快感があります。

楽曲を知っていたらもっと楽しめたのかなーと思いますが、単純にアトラクションとして面白いのでおすすめです。

夜のショー・ファンタズミック!

夜はファンタズミック!を鑑賞しました。
日本では観たことがあるのですが、海外ではまるで別物と聞いていたので、楽しみにしていました。
DSC01161
私たちはダイニングプランで正面のエリアを確保できましたが、
開始直前になると凄い人が集まってきます。
ハリウッドスタジオにこんなに人いたか?という人数です。

内容は日本とはまるで別物でした。
ステージとは少し距離がありますが、ステージ自体が狭いのでミッキーが走るまわる様子が良く見えます。
舞浜のショーは広いエリアでフロートが大きく動くショーですが、
こちらは細かな動きで、舞台を見ているような感じです。
 
光や水の仕掛けも派手で、とても楽しめました。
最後にキャラターたちがウィリー号に乗って現れるのも豪華で素敵でした。
20170412-IMG_0940
ショーはステージを囲むような半円形でどこからでも見ることが出来ますが、
やはり正面から見るのが一番よいと思います。
食事の予定があるのであれば、ダイニングプラン等をおすすめします。
スポンサーリンク

三日目総括

一日目に書いた「旅行前に不安だったこと」の『言語問題』『食事』と
現地で感じた気候についてまとめます。

言語問題

海外滞在も三日目となり、耳も大分慣れてきました。
そこまで英語力がある方ではないですが、数日いるだけでもかなり聞き取れるようになります。

この日はショーやアトラクション、レストランなどで英語を聞く機会が多かったのですが、
なんとなく単語が聞き取れれば大筋の意味は理解できます。
特別気構える必要はないと思いました。

アバターではキューラインのモニターに英語のアナウンスに加えて字幕も出ていたので、
聞けなくても読める人なら問題なしです。

食事

三日目ということもあり、めぐはこちらの食事に大分食傷気味でしたが、
私はまだまだ楽しめていました。
ただし味付けはどれも似ている部分はあるので、人によっては飽きが来るころかと思います。
ホテルでの間食用に日本のインスタント食品を持っていくことをおすすめします。

気候

この日は天気もよく一日中パークで遊んでいましたが、気候的には丁度よいと思いました。
湿度があまり高くなく、気温も30℃までいかないくらいだったので、日本の夏ほど不快指数もないです。
ただし日差しは強いので、日焼け止めは必須です。油断してましたがこの日で結構焼けました。
スポンサーリンク

まとめ

以上、番外編!旦那のWDW旅行記3日目でした!

これを機会にまた旅行記を読み返してもらえるとうれしいです。

※これまでの記事はこちら!

★ハネムーンWDW旅行記 目次
2018年04月09日(月)~04月15日(日) ハネムーン ウォルト・ディズニー・ワールド 初海外の旦那と行く完全個人手配のWDWレポートです!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました