こんばんは😉✨
いつもめぐりかのブログを読んでいただき、ありがとうございます!

今回は残すところあと2回の上海レポート!
★とっても迷う!上海ディズニーランドで使用したカメラのレンズ

重いレンズを持ちたくない!
単焦点でもいいかな?と迷ってる方は
是非見てみてください☺️

私たちの旅行ではこんなかんじでした!

<スポンサーリンク>
望遠いらず?近い撮影が多めな上海!
カメラは軽くて小さい 
Canon EOS Kiss X7を使用しています。 

レンズはSIGMA 標準ズームレンズ 
Contemporary 17-70mm F2.8-4 DC 
MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用 
 
とってもコンパクトな組み合わせ! 

日本のパークだと望遠が足りないのでは?と
感じると思いますが! 
今回の上海ディズニーランドでは
グリーティングメインの使用でしたので
距離は問題ありませんでした☝️✨ 

日本のように長い時間待たなくても 
パレードもショーも前の方で見れたので 
望遠よりもこれくらいの近い距離で
撮影できるレンズが助かりました。 

★Tai Chi with Character 
ベンチに座ってみてこんな感じです☺️ 
一番離れたところにいたこの位置で 
焦点距離は34mm(35mm判換算: 55mm)
 

キャラクターは基本的にこの位置にいます ☝️ 
焦点距離は24mm(35mm判換算: 39mm) 
 


★Mickey's Storybook Express 
パレードルートの最前列で見ました🚗 
焦点距離は23mm(35mm判換算: 37mm) 
image 

ストロボ禁止対策が必須かも!
上海で役に立つレンズは
明るい&焦点距離を変えられるもの!!

なぜかというと…! 
【理由1】 
キャラクターダイニング 
ロイヤルバンケットホールは
ストロボの使用が禁止だから☝️✨ 
明るいレンズが活躍します!

★ロイヤルバンケットホール 
F値2.8でISOをいじって撮影😉 
 


【理由2】 
キャラクターダイニング 
ルミエール・キッチンは 
通路が狭い!! 
単焦点レンズだと後ろに下がれないことも😂 

★ルミエール・キッチン 
通路が狭く、背の高いグーフィーは
足まで入りませんでした! 
しかも容赦なく中国ファミリーが横切っていきます💪⚡️ 笑 
 
何を撮影するかによって
必要なレンズは変わると思いますが 
私たちの旅では望遠は使用しませんでした! 

私自身、望遠レンズが必要か?と悩んだので
これから行く方の参考になれば嬉しいです🌟
--------------- 
以上、上海ディズニーランドで使用した
カメラのレンズについてでした😊💕

次回は
上海ディズニーランドレポート
最終回!!!!
★上海パークのまとめ!
治安、衛生面、キャスト、並び方など!
意外と気になる上海のパーク事情をレポート!

本日もここまで読んでいただき、ありがとうございます!
次回の上海ディズニーランドレポート最終回も是非見に来てくださいね😊💕