弾丸KL

【弾丸KL】エアアジアで行くクアラルンプールパッキングと服装解説!

弾丸KL

こんばんは☺️🌟

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!
 
今日は・・・
エアアジアで行くクアラルンプールパッキングと服装解説! 

前回は予約を紹介しました!
格安なのに豪華旅行!クアラルンプールの予約4項目を解説!

海外ディズニー個人手配だと半年前くらいから
細かい準備がたくさんありますが・・・
今回は予約項目がたったの43つだけだっので
予約編はあっという間に終わりました!😊

今日から簡単にパッキングと服装解説の準備編を紹介します!😆✨  

スポンサーリンク

エアアジア!手荷物7キロ制限の壁!

今回の旅行は実質1泊2日の旅行だし 一眼レフは持っていかない!ということで
受託手荷物のオプションを付けませんでした!

つまり全て手荷物として機内持ち込みます!👜💕  

私達が挑戦するのは7キロの手荷物重量制限!

上海ディズニーランドの時に苦労した10キロ制限から 3キロも減量しなくてはいけません!

結構大変だった7キロのパッキング術を公開します😊✨

スポンサーリンク

目指すは7キロ以下!どんどん減らしていきましょう!

約7時間のフライトに向けて用意して行きたいグッズも 荷物を減らすために全部置いて行きました!  

服はオールワンピース!!

荷物を減らすため服は1枚で可愛いワンピース👗🌷
シワになりにくい生地を選びました💗  

お財布は1つ!

荷物を少なくしたいので日本円はジップロックに入れて隠してました👋  

カメラ

ミッキーがいない国なので、2人とも一眼レフはお留守番🏠🚗
代わりにコンデジとミラーレスを持って行きました📷☀️

コンタクトの洗浄液

いつもはre-nu携帯サイズを持って行きますが、携帯サイズとはいえずっしり!
液体物のジップロックを圧迫するので 今回は100円で売っている使い捨てのものを回数分!
小さくて軽くて使い捨てなのでかなり使えました☝️💓
※ケースは使い慣れてるre-nuのケースにしました😳✨

シャンプー

もう定番ですが、お風呂の回数分だけ! ボトルじゃないので薄くてコンパクトで🙆💗

マレーシアでは突然のスコールがあり
一瞬で終わる雨ではないようでしたので軽い傘を1本持って行きました。  

思い切って置いていったもの!

上海で着た可愛いパジャマを持っていこうかと思いましたが
ホテルで寝るのは1回だし7キロの為に思い切って置いていきました!☺️💕

そして7時間のフライトなら持って行きたい睡眠グッズですが
こちらも荷物になるので思い切って置いていきました!😆🌟  

こんなかんじでいつもは必需品なのに 今回は置いて行く決断をしたり、
小分けにしたりと準備がとても大変でした😳💦

パッキングもいつもより時間がかかった気がします💦    

スポンサーリンク

トイレに注意!クアラルンプールの服装解説!

次はクアラルンプールでの服装についてご紹介します。

クアラルンプールは日本とトイレの文化が違うので服装も要注意です!!
マレーシアのトイレはシャワーで洗い流す方式です。

こんな感じでトイレにシャワーが付いています👇

観光地ではトイレットペーパーが備え付けられていますが、
それ以外ではないところがほとんどです。
しかもシャワーで洗い流すので床がベチョベチョ🚽💦 

ホテルでは清掃が定期的に入っていたため床がぬれていることはありませんでした。 
空港でも清掃が定期的に入ってはいるのですが…
一部のトイレでは床がべちゃべちゃでした😖 

シャワー式トイレになれていない日本人は服装と靴に注意が必要です! ということで
マレーシア旅行のコーディネートを考える際に気をつける2点をご紹介!

サンダルやスニーカーは要注意!!

ぺたんこサンダルや底の低いスニーカーはぬれてしまう可能性があります。
底の厚いものを選びましょう👠✨
私たちは厚底のサンダルを履きました👇

image

ガウチョは要注意!!!

床がぬれているトイレにガウチョは不向きです。
ガウチョを下ろすと裾がぬれてしまう場合があります😳💥

ということで・・・

機内コーデ✈️

普段は機内でガウチョを履くことが多いのですが、
マレーシアに着いた後のことを考えて今回はやめました。
今回は長時間フライトなのでゆったりできるロングスカートに!

観光コーデ🕌

マレーシアの9月はまだまだ熱い!!と言うことでワンピースに👗✨
荷物も少なくて済むし、トイレでもぬれないのでおすすめです!

暑い国なので帽子も持って行きました👒💕

※ただモスクでは帽子はNGですので気をつけてください!

スポンサーリンク

まとめ

以上!エアアジアに向けて試行錯誤したパッキングのレポートでした☺️  

宿泊が少ないので服装を考えながら準備して
なんとか荷物をまとめましたが、7キロはきついですね!
ちゃんと7キロに収まっているかについては
またレポート編で紹介します!

※これまでの記事はこちら!

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。
次回も是非見に来てくださいね!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました