海外ディズニーまとめ

ディズニー・クルーズ・ライン攻略ガイド完全版③DCL予約方法、必要経費、注意点

海外ディズニーまとめ

こんにちは😊☀️
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今回は・・・
ディズニー・クルーズ・ライン攻略ガイド完全版③DCL予約方法、必要経費、注意点

これまで海外ディズニー旅行記を紹介してきましたが、
現在コロナの影響で海外に行ける状態ではないので
今まで紹介した海外パークのまとめを書いていきます!

紹介する内容は3つ!

・ディズニー・クルーズとは?
・船内・寄港地での楽しみ方は
・どうやって予約するの?必要な予算と注意点

前回はドレスコードや船内・寄港地での楽しみ方を紹介しました。

今回はディズニー・クルーズ・ラインの
DCL予約方法、必要経費、注意点を紹介します。

スポンサーリンク

DCL個人手配の予約項目は?

DCLはパークではない分、個人手配でも予約項目が少なめです!

基本の予約項目

基本の予約項目だけなら5項目だけ!

・航空券予約
・クルーズ船
・クルーズ船オンラインチェックイン
・前後泊のホテル予約
・空港から港までの移動

忘れないように注意したいのは予約というよりも
クルーズ船のオンラインチェックインです。
やっておかないと当日めんどくさいことになるので忘れないようにしたいですね。

詳しいやり方はこちらで紹介しています。

事前準備が必要な項目

人によって必要か不要かわかりませんが、
必要な場合事前準備が必要な項目はこちら!

・海外旅行保険・・・クレジットカード付帯などのない方は加入必須
・有料レストラン・・・別途予約が必要
・Wi-Fiレンタル・・・船内では利用できませんが、移動時に必要な方は予約を忘れずに
・ESTAの申請・・・出港地や寄港地によります

スポンサーリンク

DCLの旅費と滞在費の予算は?

クルーズの旅費は航路によって全く変わってきます。
なので今回はこれまで行った王道バハマクルーズとサンディエゴクルーズから紹介します。

DCLの旅費はいくらくらい?

大体の予算です。時期や泊数によってかなり金額は変わります。

バハマクルーズ

個人手配、GW期間中、バハマ3泊、2名、東京発の場合

航空券+クルーズ+ホテル+空港送迎の必須4項目。

・航空券・・・東京-オーランド 往復便 13~14万円位
・クルーズ船・・・バハマ4日間 7~8万円
・前後泊のホテル・・・WDW宿泊の場合2泊1室料金 3万円位
・空港⇔DCL間の移動・・・シャトルバスで往復 4000円位

航空券はアメリカのどこかを経由するため高くなります。
クルーズ船の料金は日程が近づくと高くなるので早めに予約するとお得です。
DCLだけだと1人25万円~といった感じですね。
私はクルーズと合わせてWDWにも行ってきました。
全部で6泊8日35万円でした。

サンディエゴクルーズ

個人手配、GW期間中、5泊、2名、東京発の場合

航空券+クルーズ+空港送迎の必須3項目。

・航空券・・・東京-サンディエゴ 往復便 20万円位
(GW初日に出発し、最終日に帰国だったため高く付きました)
・クルーズ船・・・サンディエゴ6日間 15万円位
・空港⇔DCL間の移動・・・シャトルバスで往復 3500円位

航空券はGWのど真ん中に行ったためめちゃくちゃ高かったです。
ハイシーズン以外だとここまで高くならないはず!
飛行機の便の関係で今回は前後泊はなしです。

1人35万円~といった感じですね。

意外とかからない滞在費!

当然滞在して遊んだ分の滞在費もかかってくる!と思いますよね。
しかし、クルーズでは食事などの滞在費が全て含まれている
オールインクルーシブなので船内ではほとんど滞在費が掛からないんです!

お金が掛かるもの

one us dollar banknote on table
Photo by Matthias Groeneveld on Pexels.com

別途お金が掛かるのは主に以下の通りです。

・アルコール
・有料レストラン
(大人限定のパロとレミーは追加料金が必要です)
・有料ツアー
(寄港地でのガイドツアーは別で掛かります)
・寄港地での滞在費
・お土産・グッズ代
・ネット通信料

基本的な食事代が掛からないだけで全然違いますよね!

現金が必要なシーン

オンラインチェックインの際にクレジットカードを登録しておくと
クルーズ船内は全てルームキーで支払い可能です。

チップも全て事前に支払えるので本当に現金が必要なシーンは少ないです。
防犯の意味でも大量の現金は不要だと思います。

詳しくはこちらで紹介しています。

スポンサーリンク

DCLの注意点

最後にDCL旅行の注意点をご紹介!

持ち込み荷物に注意!

クルーズ船内には電気ケトルの持ち込みができません。
海外旅行に持っていく人もいると思います。
キャリーケースに入れておくと没収されてしまうので注意が必要です。

船内の治安

船内

クルーズ船内にはファミリーとカップルが圧倒的に多く、治安も◎
支払いのルームキーとスマホのみ持ち歩けば盗難などの心配もなく思いっきり遊べます!

プールにはキャストさんが必ずいるので子連れでも安心して楽しめる場所だと思います。
船内は全然心配はいらない感じでした!

寄港地

寄港地では気をつける必要があります。
ディズニーが所有するキャスターウェイケイは船内と同様に治安がいいです。
その他の寄港地は注意して観光する必要があります。
私が行った中でも注意が必要と思ったのはメキシコの寄港地です。
エンセナダは大通りを外れると人通りも少なく、小さな子供の物売りがいました。
声かけもものすごく多いので、注意しながら観光したほうがいいです。

お土産

DCLはお土産は少なめですが、限定グッズは豊富です!!

ハネムーンで行く方も多いと思いますが・・・
会社や学校などに配るばら撒き土産に関しては
WDWやアナハイムと同様にほとんど売っていません!

お菓子といえば自分で食べる用の個包装になっていない
ポップコーン、チョコ、グミなどしかありません。

一方グッズにはDCLのロゴが入った限定グッズがたくさんあります!
クルーズらしいデザインのものが多く、
ぬいぐるみやポストカード、衣類まで種類豊富!
自分用にもお土産にもなるグッズが多いのでグッズ代は多めに準備していきましょう!

ネット環境

クルーズ船内でのインターネット通信は有料です。
しかも結構お高めです。
私もネット依存症ですが、DCL旅行中だけは我慢しています。
クルーズのアプリは問題なく使えるので現実世界を忘れて遊ぶのもいいかもしれません。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ディズニー・クルーズ・ライン(DCL)の
予約方法や必要な予算、注意点などを紹介しました!

DCLは旅費がお高めですが、滞在費はほとんどかからないのがいいですよね。
ゆっくり楽しむのも、グリーティングやアクティビティを思う存分楽しむのもOK!
現実世界を忘れて優雅な船旅を楽しんでください。

実際に旅行したDCL旅行記はこちら!

2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました